取扱メーカー

Vasari (ヴァザーリ)

メッセージ

 私のワイナリーはシチリア島北東部でメラ谷を見下ろす丘の中心、 サンタ・ルチア・デル・メラの町にあります。 300年以上前から家族代々で約10ha.の畑のぶどうを栽培し、 上質のワインを造りつづけています。 伝統的製法を守りつつ、世代交代の度に最新の醸造技術や革新的なぶどう栽培を導入し、 最高級の品質を維持してきました。


 どのワインからも17世紀から続く伝統、品質の高さ、 ぶどうを育んだ土地への愛情が感じられると信じております。

 ここで造っているワインは2種類あります。 選び抜かれたぶどうから造られる伝統ある「マメルティーノ(赤)(白)」とどんな料理とも良く合う「ミストラル(赤)(白)」です。 どちらも有機栽培のぶどうから生まれ、 銘柄がヴァザーリ社のトレードマークとして品質を保証しているこれらをご提供できることは私の真の喜びです。


ワインセラー

 ヴァザーリ社のワインの年間生産量は約9万本です。「マメルティーノ」、「ミストラル」のぶどう品種は赤ワインはネロダヴォラ、白ワインはカタラット、インツォリア、グリッロの有機栽培されたぶどうを使用しております。

 このワインは、有機農法の認定団体であるASS(Associazione Suolo e Salute=土と健康の協会)により管理され、有機ワインの認定を得ています。

 1991年にEUの有機農法規定(EU規定2092/91)がEU加盟国のすべてに共通なルールとして定められ、各国ですべての有機農産物の生産者・加工業者・製品販売業者は必ず厳密なチェックを有機認証団体(例えばASS)より受けています。

 ヴァザーリ農園の畑では年平均3回、ワイナリーは年平均2-3回の有機認証の検査をASSより受けています。



 ASSではヴァザーリ農園よりぶどう収穫時期の連絡を受け、ぶどうのサンプルを畑で採取します。そのサンプルの分析をメッシーナ大学有機化学学部へ依頼します。そこで100種類以上の化学物質、殺虫剤等の検出チェックの後、成分に問題がなければ有機農法が認定されます。認証を受けてから農園では、有機ワインである証(マーク)をラベルへ印刷することができ、ワインの販売が認められます。ラベルにはワインが (1)有機ワインであること、 (2)有機農法の管理協会の名前(ASS)、 (3)協会の番号、 (4)承認を得た日付、 (5)承認を得た農園のコード番号を明記しなければなリません。

 ヴァザーリ農園のワインの場合はIT ASS 1253 T 990013となっています。このコードは左からITはイタリア、ASSはAssociazione Suolo e Salute(有機農法の管理協会の名称)、1253はヴァザーリ農園のコード番号、Tは有機生産物の加工品(ワイン)、990013はASSより認定を受けた日付を表す番号(毎年変わる)をそれぞれ表しています。


ヒストリー

 300年以上に渡ってヴァザーリ家は約10ha.の畑で愛情込めて、大切にぶどうを育てております。




  世代ごとに新しい技術やシステムを導入しつつ、伝統を重んじた質の高いワインが造られてきました。どのボトルからも長い伝統とぶどうを育んだ土への愛情、独特の味わいをご賞味いただけると思います。






Wines Of Sicily

Produced By: Azienda Agricola vasari